震災を機に、気仙沼では在宅医療が広く認知されるようになりました。病院も在宅を、退院後の選択肢として捉えるようになりましたし、住民も高齢者を自宅で看られると分かるようになりました。加えて、医療・介護関係者の連携がぐっと進みました。

「在宅の連携進み医師の敷居も下がった」の画像

ログインして全文を読む