東日本大震災から3年が経過した。未曾有の大震災は、日本の医療提供体制の様々な問題点をあぶり出した。被災直後は、DMATをはじめとする災害医療体制に注目が集まった。しかし、大津波による溺死者が9割以上を占め、阪神・淡路大震災を機に整備された超急性期を想定したシステムは十分に機能せず、災害医療の専門家たちが手をこまぬいたことはまだ記憶に新しい。

【気仙沼】根付いた在宅医療、急性期病院にも変化の画像

ログインして全文を読む