あらゆる認知症患者で問題になる自動車運転。道路交通法の改正で、75歳以上の免許保持者は09年以降、免許更新時に時間の見当識と手掛かり再生、時計描写の3項目からなる講習予備検査を受検。記憶力や判断力が低下していると判定され、更新前1年以内に一定の違反歴があれば、医師による臨時適性検査を受けることになった。検査で認知症と診断されれば免許が原則取り消される。

【危険運転】注意喚起しカルテに記入の画像

ログインして全文を読む