高頻度に認められ、しばしば大事に至る徘徊。阪大精神医学分野講師の数井裕光氏は「『目的の分からない外出行動』という点では同じように見えても、疾患によって原因や対応法が異なる」と話す。

【徘徊】外出を止めずに一緒に散歩をの画像

ログインして全文を読む