BPSDに薬物療法を行う前に、まずは身体合併症や薬剤の影響を疑うことが大切だ。物盗られ妄想や幻視、徘徊など原因疾患によっては薬物を使わずに対応するコツがある。糖尿病患者の過食や自動車運転は、大事に至る可能性もあるので注意が必要だ。

まずは患者の言動を受け止めようの画像

ログインして全文を読む