患者の生活習慣が大きく影響する糖尿病診療。「医師外来と看護外来は車の両輪。インスリン導入、血糖測定からフットケア、食事指導まで、むしろ看護外来がメーンと言っても過言ではない」。船橋市立医療センター(千葉県船橋市)代謝内科部長の岩岡秀明氏はこう話す。

患者の治療意欲引き出す「糖尿病看護外来」の画像

ログインして全文を読む