在院日数の短縮化が進む中、在宅療養患者を支援するため「看護外来」を強化する医療機関が増えている。そのバリエーションは糖尿病、癌、WOC(創傷・オストミー・失禁)、フットケア、在宅酸素療法、手術、遺伝相談などと実に様々。癌の場合はさらに、癌患者全般を対象にした相談外来からリンパ浮腫、緩和ケア、スキンケアまで、看護師の専門性に応じて特色ある外来が開設されている。

「リンパ浮腫外来」が癌患者のQOL向上に威力の画像

ログインして全文を読む