高齢者では、身体的負荷の大きい検査や侵襲性の高い検査は行いにくい。そこで、安静時心電図で冠動脈の狭窄を検出できるネット経由の心電解析システムや、採血せずに血糖を測定できるモニタリングシステムなど、侵襲性の低い検査法の開発が進められている。

より低侵襲な検査が登場 患者負担を和らげるデバイスもの画像

ログインして全文を読む