わが国の高齢化率はついに25%に達し、高齢患者は増える一方だ。高齢者の診療では、嚥下機能をはじめとする身体機能の低下などを踏まえ、患者のQOLを高めることがこれまで以上に求められる。飲み込みやすい剤形や侵襲性の低い検査、身体・認知機能を補うロボットなど、高齢者の体と心にやさしい新技術が続々開発されている。

飲み込みやすい剤形が続々 服薬助けるゼリーもの画像

ログインして全文を読む