「競合する診療所があり過ぎる」「今後、開業医は余ってくるだろう」─。そう思い込んで、開業をためらってはいないだろうか。しかし、既存の医療機関が応えていない潜在的な医療ニーズはまだたくさん残っている。今特集では、日本の医療をより良いものにするため、病院を飛び立って開業した医師8人を紹介する。皆、地域や社会のニーズに応えることを開業の第一の目標とした医師たちだ。もしもあなたが「こんな形で開業したり事業を拡大すれば、患者も社会ももっとハッピーにできる」というアイデアを持ち、日本の医療を変えたいと強く思うなら、次はあなたの番だ。

南薩摩地域の救急を1人で支えるの画像

ログインして全文を読む