EBMという概念が普及し、診療ガイドラインを作る際にも、エビデンスレベルの高い比較試験の結果が重要視されるようになった。昔は海外の試験結果を基に日本のガイドラインを作成していたが、日本人にはうまく適用できない部分もあり、日本での医師主導臨床研究が求められるようになっている。

「臨床研究に必要なインフラを共有できる仕組みを」の画像

ログインして全文を読む