エビデンスに基づく医療(EBM)の考え方を日本でいち早く取り入れ、医学生・研修医の教育に奔走してきた武蔵国分寺公園クリニック院長の名郷直樹氏。治療方針を決定する立場にある医師は、臨床研究を読み解く力が欠かせないと強調する。

臨床研究リテラシーがなければ臨床医は務まらないの画像

ログインして全文を読む