「医療界が事故の再発防止に本気で取り組んでいるとは思えない」と語るのは、自身が医療事故で家族を失った永井氏。医療事故調査制度をより良いものにするためには、患者遺族が第三者機関に調査を直接依頼できるようにすることが不可欠とし、それが「結果的に医療の質の向上につながるはず」と話す。

遺族が理解できるよう原因を説明してほしいの画像

ログインして全文を読む