厚労省検討部会の委員を務めた昭和大病院長の有賀氏は、「報告書には問題点があり、まだ議論の余地がある」と指摘する。法制化を経て、策定されるガイドラインでは、「第三者機関による医療事故調査の報告書が訴訟に使われないよう規制し、医師への責任追及が調査の目的ではないと示すべき」と主張する。

原因究明と責任追及は明確に分けるべきの画像

ログインして全文を読む