発作性心房細動の多くは、肺静脈心筋スリーブからの異常自動能が引き金となり、群発する異常興奮が心房に流入するために起こることが分かっている。この異常興奮が左心房に進入しないように肺静脈と左心房の接合部心筋を焼灼する肺静脈隔離術が、心房細動の根治を目指すカテーテルアブレーションの基本的手技となっている。

根治を目指すカテーテルアブレーションの画像

ログインして全文を読む