新規抗凝固薬が次々に登場したことで、臨床現場では使い分けに迷う場面もあるだろう。現在使用可能な4剤の特徴や、出血リスクを管理するためのモニタリングについてまとめた。

主軸は新規抗凝固薬、腎機能に注意の画像

ログインして全文を読む