ペグインターフェロン(Peg-IFN)α+リバビリンの2剤併用療法、さらにテラプレビル(テラビック)を加える3剤併用療法と、新たな治療手段が次々と出続けているC型肝炎。しかし、3剤併用療法は実施できる医療機関が限られ、副作用が出やすい高齢者には使いにくい。

【C型肝炎】IFNβで抵抗感を減らすの画像

ログインして全文を読む