5月16日、熊本市で開催された第56回日本糖尿病学会年次学術集会で、新たな血糖コントロール目標が発表された。本特集Vol.1【プロローグ】で紹介した通り今回の改訂は、ADA/EASDのpatient centered approachの流れを汲みつつ、これまでの「優」「良」「可」と“評価”する指標を廃し、「6%未満」「7%未満」「8%未満」とシンプルにまとめた。

【糖尿病】低血糖に配慮した管理をの画像

ログインして全文を読む