「睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、酸化ストレスを増大させ、血管の機能低下をもたらす。重点的にスクリーニングすべき疾患だ」と自治医大さいたま医療センター循環器科教授の百村伸一氏は話す

重症SASには積極的な介入をの画像

ログインして全文を読む