血管の機能が低下し、動脈硬化が進行すると末梢の血管に狭窄や閉塞が起こる。間欠性跛行などの症状が出る前にこの状態を見つけ出せる検査法が、脈波伝播速度(PWV)と足関節上腕血圧比(ABI)だ。

PWV/ABI 血管の硬さから病態を予測の画像

ログインして全文を読む