「主治医に加え、執刀医も患者や家族に術前説明を行うべきだった」−−。術後に死亡した患者の遺族は、執刀医を相手取り、前例のない裁判を起こした。背景には、主治医と執刀医との意思疎通の不十分さがあった感も否めない。

チーム医療における説明責任は?の画像

ログインして全文を読む