医療訴訟と言えば、診療の過失が問われるものが大半だ。ところが最近、同僚医師や患者とのコミュニケーション不足から、チーム医療における説明責任が問われたり、患者に診療をセクハラと誤解されるといった、従来とは次元の異なる訴訟が目立ち始めた。交通事故の被害者に保険金を支払った保険会社が、治療に当たった病院の過失を訴えて保険金の一部負担を求める例も登場した。これら事例を基に、“異次元”訴訟に巻き込まれないための注意点をまとめた。

診療をセクハラと誤信された!の画像

ログインして全文を読む