胃癌診断は、年齢、性別、胃粘膜萎縮の程度などの情報から、最も発生しそうな部位について組織型を想像しながら観察するのが基本となる。スクリーニングでは、ヘリコバクター・ピロリ非感染者の増加を踏まえ、ピロリ感染の有無を加味した検診が効率的である。

【診療アップデート】胃癌診断の画像

ログインして全文を読む