MRIによる消化管診断は、痛みや放射線被曝がなく、患者の身体的負担が少ないという特徴がある。このため、「さらなる精度の向上が得られれば、MRIが将来、内視鏡に代わり消化管画像診断の第1選択になっていく可能性もある。そして、内視鏡は治療専用の機器になっていくかもしれない」(慶應義塾大学内視鏡センターの緒方氏)。

消化管の動態把握が可能になったMRIの画像

ログインして全文を読む