胃潰瘍や胃癌の発症に関与することが知られるヘリコバクター・ピロリ感染。これまでは胃潰瘍、胃MALTリンパ腫などに罹患していなければ保険診療での除菌はできなかったが、2013年2月、内視鏡で炎症が確認されたピロリ感染胃炎にも適応が拡大された。本特集では、除菌療法の意義や感染・除菌判定、除菌レジメンについて解説する。

ピロリ除菌の適応が拡大、内視鏡検査は必須 の画像

ログインして全文を読む