作用が増強すれば大出血、減弱すれば塞栓症─。抗血栓薬は相互作用によるインパクトが非常に大きい。抗トロンビン薬のダビガトラン(プラザキサ)や抗Xa薬のリバーロキサバン(イグザレルト)、アピキサバン(エリキュース)といった新規抗凝固薬は、使いやすさで臨床使用が広がっている。だが、「相互作用はワルファリンに比べれば少ないだけ。相互作用を熟知した上で使うべきなのは同様だ」。循環器内科医で、土橋内科医院(仙台市青葉区)院長の小田倉弘典氏は、こう強調する。

新規抗凝固薬も相互作用を熟知して使うべきの画像

ログインして全文を読む