東大病院薬剤部助教の大野能之氏は、肝薬物代謝酵素チトクロームP450(CYP)に起因する相互作用の予測システムを構築し、成果を院内で生かしている。

ログインして全文を読む