ステロイドとβ2刺激薬を配合した吸入薬はいまや気管支喘息の治療に欠かせない存在となっている。急性増悪時に頓用できる合剤も登場。だが頓用しかしない例や減量後に再燃する例があり、注意が必要だ。

喘息・COPD:合剤で抗炎症と気道拡張を同時にの画像

ログインして全文を読む