糖尿病治療薬の合剤は、現在4剤が発売されている(表3)。中でも注目されるのは、DPP4阻害薬の合剤、アログリプチンとピオグリタゾンを配合したリオベルだ。1剤でインスリン分泌不全とインスリン抵抗性の双方の改善効果を発揮する。

糖尿病:DPP4阻害薬の合剤が主流にの画像

ログインして全文を読む