ケース3では、仙台往診クリニック(仙台市青葉区)院長の川島孝一郎氏を紹介する。在宅療養を希望する難病患者や癌患者などを数多く診る川島氏は、身体機能が低下して余命が限られても、その人なりの最善の生き方や生活があると考える。それを実現するために、医療面だけでなく患者の金銭面などの悩みにも対応している。

【Case3】難病患者でも脳死患者でも「健康」な生活を最期までの画像

ログインして全文を読む