「多死時代」の到来、認知症患者の急増は、医師1人でかかりつけの患者を診る従来の診療スタイルに転換を迫っている。医師には、介護職と積極的に協働して診療に当たる姿勢が欠かせない。

介護軽視だと患者を逃す?の画像

ログインして全文を読む