生活習慣病領域の医療用医薬品のスイッチOTC化が、2012年に初めて了承された。他にも複数の生活習慣病薬が候補に挙がっており、軽症例などでは今後、OTC薬を服用して受診を控える患者も出てきそうだ。

市販薬の充実で外来患者減?の画像

ログインして全文を読む