福井県済生会病院(460床)が医師の業務軽減に取り組み始めたのは01年のこと。医師が患者への説明に追われ診療に支障を来しているのを解消するため、メディカルコーディネーター2人を配置。診察後に疾患に関するパンフレットなどを使用して、患者に治療の補足説明をするようにした。

【医師事務作業補助体制の充実】福井県済生会病院(福井市)ほかの画像

ログインして全文を読む