新規抗凝固薬が相次いで使用可能となったことで心房細動治療の考え方が大きく変化している。ワルファリン時代は治療のベネフィットと出血リスクのバランスが重視されてきたが、最近は治療が不要な患者を同定し、それ以外の患者はすべて治療対象と考えるようになってきた。

新規抗凝固薬の登場で心房細動治療が大きく変わるの画像

ログインして全文を読む