腰痛とは1つの疾患単位ではなく、症状の名称である。腰痛は日常診療でよくみられる代表的な症状の1つであり、その診療に精通しておくことは整形外科医の責務といってもよい。本年作成された日本整形外科学会・日本腰痛学会監修の「腰痛診療ガイドライン」の主な内容を紹介するので、日々の診療の一助としてもらいたい。

腰痛の診断と治療―新しい診療ガイドラインからの画像

ログインして全文を読む