毎年新たな治療薬が登場し、診療ガイドラインは2011年末に改訂された。転換期を越えた骨粗鬆症の診療は、さらに次の段階へと向かいつつある。それが、多方面から骨粗鬆症にアプローチする“包囲網”の動きだ。

多職種連携で脆弱性骨折の二次予防の画像

ログインして全文を読む