高齢の肺炎患者は、耐性菌感染や誤嚥性肺炎のリスクが高い。「医療・介護関連肺炎(NHCAP)」への適切な対応も求められている。小児肺炎では、耐性菌に効く「切り札」の新薬をどう使うかがポイントだ。

【細菌性肺炎】高齢者は嫌気性菌を念頭にの画像

ログインして全文を読む