小児の感染性胃腸炎の中で、重症化しやすいのがロタウイルスによる胃腸炎だ。4人に1人が点滴や入院が必要となるほか、脳炎・脳症や突然死例も報告されている。診療に当たっては、早期診断と脱水の速やかな改善が求められる。

【ロタウイルス感染症】急変リスク高い胃腸炎の画像

ログインして全文を読む