インフルエンザ治療で気掛かりなのが、耐性株や異常行動の問題。だが、薬剤の処方に大きな影響を及ぼすものではないことが明らかになっている。4種のノイラミニダーゼ阻害薬の年齢層別の使い分けにも方向性が見えてきた。

【インフルエンザ】耐性ウイルスへの懸念は無用の画像

ログインして全文を読む