コイル塞栓術や血栓吸引療法といった、脳血管内治療の進化が目覚ましい。複雑な形状の動脈瘤や血栓溶解療法が無効の脳塞栓など、以前は治療が困難だった難治例にも守備範囲を広げつつある。今後数年で国内での承認が見込まれるデバイスを含め、最新の技術を紹介する。

【脳血管内治療】新型デバイスが百花繚乱の画像

ログインして全文を読む