日本で使えるワクチンが海外と比べて少ないという「ワクチンギャップ」は解消してきたが、国が接種を勧奨する定期接種ワクチンの種類は増えず、接種率が低迷しているワクチンが少なくない。予防接種に積極的な地域とそうでない地域の差も広がっている。

待たれる予防接種制度の抜本改革の画像

ログインして全文を読む