犬や猫などにかまれた創は、皮膚欠損創と刺創に大きく分けられる。犬咬傷では皮膚欠損創となる症例が多く、受傷時の状況によっては皮弁がめくれるような弁状創になることもある。

深い創はドレーンを留置、猫咬傷には必ず抗菌薬をの画像

ログインして全文を読む