「初めて『ラップ療法』を試したのは、腕が入ってしまうほどの大きな褥瘡があり、植皮手術やポビドンヨードの塗布など、様々な手を尽くしたが治らなかった症例だった。驚くほど速く治癒が進み、巨大褥瘡がラップ療法を始めて7カ月でほぼ塞がった」。たかせクリニック(東京都大田区)院長の高瀬義昌氏はこう語る。

摩擦と圧力の回避がカギ、ワセリンを活用し発症予防の画像

ログインして全文を読む