創部を湿潤状態に保って治癒を促す「湿潤療法」。医師の間で浸透しつつあるこの療法が、患者にも知られるようになってきた。柿田医院(東京都杉並区)副院長の柿田豊氏は「湿潤療法を実施している施設をインターネットなどで調べ、遠方から来院する患者も多い。最近では、痛みがなくきれいに治るからと口コミで患者が来院する」と話す。

広がる湿潤療法 被覆材増え外来で処置可能にの画像

ログインして全文を読む