道浦クリニック院長の道浦準氏が開業したのは1996年11月、36歳の時だった。消化器外科医になった当初は開業は頭になく、定年まで勤務医を続けるつもりでいた。だが、年齢を重ねるにつれて出世争いが現実味を帯び、嫌気が差して開業に踏み切った。

ポスト争いの激化を避け開業への画像

ログインして全文を読む