医師の人生は山あり谷あり。長く診療を続けていれば、幾度か転機が訪れる。そこで判断を誤ると、その後の人生が狂いかねない。中でも、専門科目の見直し、独立開業、臨床現場からの引退は3大転機といえるだろう。実際に岐路に立たされた医師への取材と独自調査から、人生の分かれ道でどう決断すべきかを考えた。

需要読み”主戦場”を救急から在宅への画像

ログインして全文を読む