末梢神経障害のギラン・バレー症候群は年間発症率が10万人に1人前後という稀少疾患。Campylobacter jejuniなど、特定の感染症の罹患が先行することが多い。ギラン・バレー症候群の病態の概要と対処のポイント、先行感染症との関連を紹介する。

ギラン・バレー症候群の7割が感染症後に発症の画像

ログインして全文を読む