米国消化器病学会(AGA)がトップ5リストの最上位に挙げた勧告だ。「GERD(胃食道逆流症)は頻度の高いコモンディジーズであり、米国では消化器疾患に関する医療費の最大部分を占めており、社会問題になっている」と大阪府済生会野江病院(大阪市城東区)消化器内科部長の羽生泰樹氏は説明する。

GERD患者に対する長期の酸分泌抑制療法は必要最少量にとどめるべきの画像

ログインして全文を読む