整形外科領域のもう一つの重要な勧告は、二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)による骨粗鬆症のスクリーニングについてだ。DXAは日本でも広く行われているが、AAFPは「高齢者に対する費用対効果は高いが、低リスクの若年者に対しては否定的である」との判断を示す。

低リスクの65歳未満女性にDXAによる骨粗鬆症検診を行うべからずの画像

ログインして全文を読む