「早期で転移リスクが低い乳癌患者の場合、術後のフォローアップに腫瘍マーカー、CT、PET、骨シンチグラフィーを用いるな」。これは米国臨床腫瘍学会(ASCO)の勧告だ。

乳癌術後のフォローアップに腫瘍マーカーやCTを使うなの画像

ログインして全文を読む